banner-post

IOG/ GLAFS 国内シンポジウム「ヘルシーエイジング社会の設計」のお知らせ

<3月4日(土)IOG/GLAFS国内シンポジウム2017「ヘルシーエイジング社会の設計」開催>

前年度のテーマ「ヘルシーエイジング社会をめざして」を深化させ、「ヘルシーエイジング社会の設計」をテーマに、各専門分野から最新知見または話題を提供し、シンポジウムでは持続可能な社会をキーワードに、今後のコミュニティのあり方を具体的に検討していきます。
日時:平成29年3月4日(土)10時00分~17時30分(受付9時30分~)

会場:東京大学浅野キャンパス 武田先端知ビル5F・武田ホール(入場無料)

事前登録Web申し込みフォーム:https://goo.gl/forms/Fk4j48rGibMRst342

以下のお問い合わせ先に、お名前、ご所属、ご連絡先(電話番号、メールアドレス)、
希望時間帯(午前・午後・またはすべてに出席)をご記入の上、お申し込みいただくことも可能です。

申し込み締め切り:平成29年2月28日(火)

お問い合わせ先:glafs-event●iog.u-tokyo.ac.jp(● → @)または FAX 04-7136-6677

主催:東京大学高齢社会総合研究機構(IOG)
   博士課程教育リーディングプログラム「活力ある超高齢社会を共創するグローバル・リーダー養成プログラム」(GLAFS)
9:30~ 受付開始

10:00~12:30 GLAFS共同研究成果報告
GLAFSでは学生が分野を超えてチームになり、高齢社会の重要テーマについて、実践・研究を行っています。本年度で3年目となる共同研究の成果報告とともに、残された課題や今後の方針について意見交換を行います。

13:30~15:00 最先端研究報告
演者:荒井 良雄(都市地理学:東京大学大学院総合文化研究科・教授)
   舘 暲(システム工学・バーチャルリアリティ:東京大学・名誉教授/東京大学高齢社会総合研究機構・特任研究員)
   二瓶 美里(人間・生活支援工学:東京大学大学院新領域創成科学研究科・講師)
   樋口 範雄(英米法・医事法:東京大学大学院法学系研究科・教授)

15:00~17:30 シンポジウム
・特別講演
 「2040年、日本は持続可能か――定常型社会への展望」
 広井 良典(京都大学こころの未来研究センター・教授)

・パネルディスカッション
 登壇者:長谷田 真帆(東京大学大学院医学系研究科・大学院生)
     麦山 亮太(東京大学大学院人文社会系研究科)
     駒沢 行賓(東京大学大学院工学系研究科)
 ゲスト:広井 良典(京都大学こころの未来研究センター・教授)
healthy_ageing_20170304_flyer_end フライヤー:会場アクセスマップあり(PDF 1.8MB)
futter_iog_w620