banner-post

2018年度ジェロントロジーネットワーク第2回全体会が開催されました

<2018年度ジェロントロジーネットワーク第2回全体会が開催されました>

ジェロントロジーネットワーク2018年度第2回全体会が11月22日、工学部11号館1階講堂で開催されました。
今回のテーマは「高齢社会における先進的トピックスを学ぶ」。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部・内閣参事官の中野孝浩様を講師にお招きし、岩手県雫石町、長野県佐久市などの7市町が選定されてから2年経過したところで見えてきた、CCRCの課題や今後の展望についてお話しいただきました。続いて、ケーススタディとして、都留市、佐久市の事例を(一社)生涯活躍のまち推進協議会事務局長の芳地隆之様が、近江八幡市の事例を大方機構長が紹介しました。 
全体会終了後はGLAFSライブラリで懇親会が開かれ、企業の方々や教員、学生など、40名ほどが参加し、意見交換を行いました。


 2018112201

2018年度 第2回全体会プログラム

13:00 開場
13:30 開会のご挨拶 大方潤一郎(高齢社会総合研究機構 機構長)
13:40 高齢社会における先進的トピックスを学ぶ
13:40〜 趣旨説明
後藤純(高齢社会総合研究機構 特任講師)
13:50~ 生涯活躍のまち(日本版CCRC)について
中野孝浩様(内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局 内閣参事官)
14:30~ 質疑応答
14:50~ ケーススタディ:都留市、佐久市の事例
芳地隆之様(〈一社〉生涯活躍のまち推進協議会 事務局長)
15:20~ ケーススタディ:近江八幡市の事例
大方潤一郎(高齢社会総合研究機構 機構長)
16:20 生涯活躍のまちに民間として連携できること(意見交換)
16:00 閉会