banner-research

「くるるセミナー」

head_banner
banner_kururu_komidashi_1
 「くるるセミナー」とは、副機構長・牧野篤教授の考案による、高齢者、とくに企業退職者向けのセミナーのことで、岐阜県では平成13(2001)年から14年間続いている実績のある事業です。千葉県柏市でも市と社会福祉協議会との連携のもとに、2009(平成21)年10月〜12月と2010(平成22)年10月12月に、市内の高柳地区にて実証実験を行いました。講座の目的は、生涯学習を通じて地域住民の間につながりをつくりだし、自主的な社会参加を促すことにあります。この基本的な考え方はこちらからご覧ください。「社会をつくる生涯学習─行政と教育の連携によるまちづくり─」(アカデミアVol.110)
http://www.jamp.gr.jp/academia/pdf/110/110_07.pdf (注:PCに内蔵フォントが無い場合は文字化けします)
ちなみに、「くるるセミナー」の「くるる」とは、元気に活躍されるシニアの方々をイメージした言葉〈きく〉〈みる〉〈する〉の語尾をとってつくられたものです。単に生涯学習の講座に参加するだけではなく、そこで出会った人々とサークル活動やボランティア活動に自主的に取り組み、まちで活躍することを目標にしています。
zu_kururu
banner_kururu_komidashi_2_2
 2013(平成25)年度から、市内の豊四季台団地でセミナーを開催しています。2014(平成26)年度には、3期に分けてセミナーを実施しました。第1期は6〜7月、第2期は11月〜12月、第3期は2月〜3月に講座を開催し、1期130名程度、2期は160名程度、3期は180名程度と徐々に参加者が増えてきています。「歌声サロン」や「高齢期の暮らしと健康を考える」といった人気講座では申込者が70名以上にも上っています。また多くの講座で定員の倍以上の申し込みがあり、セミナーへの関心の高さをうかがうことができます。
講座の内容は、「ウォーキングセミナー」、「歌ごえサロン」、「即興劇で学ぶコミュニケーション」など、身体を動かしながらグループづくりを行う講座が中心です。これ以外にも、「防災セミナー」や「ケアサポーター養成講座」、「たすけあい活動の作り方」など、地域の課題に自主的に取り組むグループづくりを目的にした講座も開催されています。また、「高齢期の暮らしと健康を考える」講座など、高齢期の暮らしや健康について考える座学中心の講座も開催しています。このように様々なジャンルでの講座を開催することにより、楽しく学びながら仲間づくりができる環境づくりを目指しています。
講座を重ねるにつれ、受講者同士で顔見知りの関係が作られ、お互いに所属する会に誘い合ったり、講座後に連れ立って食事に向かう姿も見られるようになりました。また、同じ関心を持つ受講者が集まることにより、1年の間に4〜5つほどのグループが作られることにもつながりました。今後は、くるるセミナーをもとに立ち上げられたグループを、大学や市、社会福祉協議会がバックアップする形で、地域の施設や行事で活動の成果を発表する機会を設けていきたいと考えています。
pfd_icon1 pfd_icon2 pfd_icon3
banner_kururu_komidashi_3_2
banner2_komidashi1
kururu1 即興劇を作るためのゲームやワークを通して、日常のコミュニケーションを考えるセミナーです。言葉を使わず、隣の人との共通点を3つ見つけるなどのワークを続けるうちに、いつの間にか周囲の人とのコミュニケーションが円滑になっていきます。
kururu2 写真は、鏡の前に立った時のように相手の動作を真似するワーク。無言で、同時にというところがポイントなので、自然に相手のことを考えるようになります。
kururu3 複数人で同時に歩き始め、同時に止まる。声を掛け合ってはいけないというルールです。五感を総動員して状況を感じ取らなければ、ばらばらな動きになってしまいます。他人のことを察し、息を合わせることの重要性が学べます。
banner2_komidashi2
kururu4 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コースの高橋美保先生による「自分」との向き合い方、付き合い方を学ぶ講座。男性の参加者も多く見かけられました。
kururu5 連続して2日間、計4時間にわたる講義に、疲れも見せず真剣に聞き入る参加者の姿が見られました。
banner2_komidashi3
kururu6 初回は着物、布地をリメイクして小物づくりを。2回目は時代衣装(十二単など)の着付けを見るという講座。
kururu7 着付けが終わると、一斉に携帯で記録撮影が行われました。熱心な受講者が多く、着付けを行う講師の方にはたくさんの質問が寄せられました。
futter_iog_w620