banner-research

「栄養とからだの健康増進調査(柏スタディ)」の中間成果報告会開催

<「栄養とからだの健康増進調査(柏スタディ)」の中間成果報告会開催>

2015年12月15日、千葉県柏市における学術研究「栄養とからだの健康増進調査(柏スタディ)」にご協力いただいた方々をお招きし、アミュゼ柏クリスタルホールにて同調査研究の中間成果報告会を開催しました。
高齢社会総合研究機構の飯島勝矢准教授より研究の背景や狙いの説明、成果報告、また成果に基づいて発案された新たな健康増進活動の紹介(地域サロン等におけるフレイルチェック活動、及びそこで活躍する市民サポーターの養成過程等)があり、その後、参加者全員に研究成果から生み出されたフレイルチェックを体験していただきました。この報告会を通じて、参加者の皆さんは自ら参画した学術研究から新たな運動論が起ころうとしていることを実感した様子。最後に、飯島准教授がこの学術研究への継続参加をお願いし、報告会は盛況のうちに終わりました。
iijima_project_frailty_1 飯島勝矢准教授による講演
iijima_project_frailty_2 3年間の研究成果報告に、集まった方々は熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
iijima_project_frailty_3 柏市内でフレイルチェック活動を精力的に進めていた市民サポーターの一人、中村禎宏さんが中心となり、参加者全員がフレイルチェックを体験しました。
futter_iog_w620