banner-about

ドイツ連邦議会保健委員会ご来校

<ドイツ連邦議会保健委員会ご来校>

2月3日、ドイツ社会民主党のエドガー・フランケ氏を団長に、複数の政党から構成される保健委員会の議員6名が東京大学を訪問されました。光石衛工学系研究科長の歓迎の挨拶の後、菅原育子特任講師が生きがい就労、在宅医療やフレイル予防などのプロジェクトについて説明。一方、保健委員会の方々はバリアフリー改修の取り組みや地方の医師不足等、ドイツが抱えている高齢社会問題について質問。大方潤一郎機構長や木村清一学術支援専門職員の説明に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
20160208_shisatsu 光石工学系研究科長(写真中央左)から手土産を渡されるエドガー・フランケ訪日団団長(中央右)。
futter_iog_w620