banner-research

大槌町大ケ口で【納涼お楽しみ会】を開催しました

7月18日、GLAFS合宿と並行して大ケ口多世代交流会館(コミュニティサポートセンター)で「大ケ口納涼お楽しみ会」を開催しました。これまで「認知症サポーター養成講座」や「移動!暮らしの保健室」など、主に高齢の方々を対象としたイベントを開催してきましたが、今回は子ども達に遊び場を提供することで子育て世代の方々にも多世代交流会館を知ってもらい、さらにこの世代の方々の地域内でのニーズを把握するのが目的です。
小学校や保育園にチラシ配布の協力を得られたことで、当日は100人を超える来場者で大盛況。バウムクーヘン、プラバン、バルーンアート、モザイクタイルフォトフレーム等を製作する体験型のブースを中心に、水ヨーヨー釣りやペットボトルボウリングのような遊戯ブースも用意しましたが、順番待ちが夕方まで続きました。地元の方からも「こんなに子どもがいたんだね」との感想が聞かれたように、工夫次第で地域イベントは盛り上げられることが分かりました。
なお、参加された親御さん方からは、「これからも定期的に子どもが参加できるイベントを企画してほしい」「多世代で交流できる場所となってほしい」といった声が聞かれました。多世代交流会館は、住民の皆さんが主体となって多様な活動を展開する地域拠点となることを想定しています。今回のイベントでいただいた意見を踏まえ、今後は高齢者、子育て世代、子ども等、多世代が参加できるプログラムを検討していきます。
20150718_event 会場となった多世代交流会館には子どもたちの楽しそうな姿が。
この日、100人を超える人が集まりました。
futter_iog_w620