banner-post

第2回「全国フレイルサポーター・フレイルトレーナーの集い」が本郷キャンパスで開かれました

<第2回「全国フレイルサポーター・フレイルトレーナーの集い」が
本郷キャンパスで開かれました>


2020021401
2月14日(金)、東京大学本郷キャンパス工学部2号館で、第2回「全国フレイルサポーター・フレイルトレーナーの集い」が開催され、フレイルチェックを導入している全国の自治体より、フレイルサポーター、フレイルトレーナー、自治体関係者約300名が集まりました。
今回のテーマは「みんなで話そう!フレイルチェックから展開する未来」。IOGの最新研究報告、東京都文京区・豊島区、和歌山県紀の川市、新潟県新潟市、福井県など、全国の10自治体による取り組みの発表、フレイルサポーターのパネルディスカッション等、プログラムを通して各自治体独自の工夫の共有、自治体間の連携の強化を図りました。また、会場ではフレイルチェックの実施方法や工夫の発表にとどまらず、フレイルサポーターから「私たちだからできることがある」、行政関係者から「フレイルサポーターの夢を叶えるのが私たちの仕事である」という言葉も飛び交い、熱い議論が交わされ、フレイルチェックから展開する未来には、地域一丸となった健康長寿まちづくりがあることが感じられる集いとなりました。

【プログラム】

10:00~10:05 開会の辞 飯島勝矢(高齢社会総合研究機構教授・副機構長)
10:05~10:25 東京大学からの報告
①全国のフレイルチェックからわかってきたこと 
田中友規(高齢社会総合研究機構特任研究員)
②フレイルサポーターによる地域活動の実態調査(中間結果報告) 
高橋競(高齢社会総合研究機構特任研究員)
10:25~11:30 「教えて!フレイルチェックからつながる、新しい取り組み」
~多職種連携・ミニ講座・食支援など~
岐阜県安八郡安八町、東京都東村山市、東京都西東京市、千葉県柏市
総括:飯島勝矢
13:00~14:15 「教えて!フレイルチェックからつながる、さまざまな取り組み」
~サポーター連絡会活動・フレイルチェックの工夫など~
和歌山県紀の川市、東京都文京区、神奈川県逗子市、新潟県新潟市、東京都豊島区、福井県
14:30~15:40 パネルディスカッション
「みんなで話そう!フレイルチェックから展開する健康長寿まちづくり」
座長:飯島勝矢
モデレーター:神谷哲郎(高齢社会総合研究機構特任研究員)
パネラー:千葉県柏市フレイルサポーター  中谷明
            東京都文京区フレイルサポーター  武市和彦
            東京都豊島区フレイルサポーター  南手千津子
            東京都国立市フレイルサポーター  桒原喜久子
            和歌山県紀の川市フレイルサポーター 尾崎静江
            福岡県飯塚市フレイルサポーター 田中雅明
            福井県坂井地区広域連合フレイルサポーター 柴田義則
TOPICS:フレイルチェックから民間事業者への展開 
FDC片田江由佳(福岡地域戦略推進協議会マネージャー)
村瀬義典(高齢社会総合研究機構特任研究員)
TOPICS:上級トレーナーのご紹介
神谷哲朗(高齢社会総合研究機構特任研究員、上級トレーナー)

15:40~15:50 閉会の辞 辻哲夫(一般財団法人 健康・生きがい開発財団理事長)
(敬称略)


2020021402
7自治体のフレイルサポーターがパネラーになったパネルディスカッション「みんなで話そう!フレイルチェックから展開する健康長寿まちづくり」

PowerPoint プレゼンテーション

東京大学フレイル予防研究チームのfacebookはこちらから。