研究

「食」を作る・整える 行動とフレイルセグメント別の効果的なアプローチ

プロジェクト概要

プロジェクト代表者

飯島勝矢

研究概要

食生活を栄養摂取のみならず、口腔機能や食・料理習慣といった様々な要素から調査し、フレイル予防に関連する食・料理習慣の特徴・考え方を明らかにします。その上で、エビデンスに基づく「フレイル予防に資する料理習慣10か条(仮)」を策定し、その有効性や俊敏性等も検証しながら、東京ガス株式会社におけるリフォーム事業、食ビジネス・サービスといった既存事業等での活用を目指します。

研究目的

地域在住高齢者を対象とした質的・量的調査の混合研究により、フレイル予防に関連する食・料理習慣の特徴・考え方を明らかにします。その上で、エビデンスに基づく「フレイル予防に資する料理習慣10か条(仮)」の策定を目指します。

実施予定期間

2020年4~

パートナー企業・団体

東京ガス株式会社