banner-post
2018-06-12国際シンポジウム「長寿者の暮らしを支える支援機器とサービス」開催のお知らせ
国際シンポジウム「長寿者の暮らしを支える支援機器とサービス」開催のお知らせ

国際シンポジウム「長寿者の暮らしを支える支援機器とサービス」開催のお知らせ International symposium ‘Assistive Products & Supporting Centenaria […]

2018-06-07飯島勝矢教授がNHK「ためしてガッテン」に出演!
飯島勝矢教授がNHK「ためしてガッテン」に出演!

飯島勝矢教授がNHK「ためしてガッテン」に出演! 6月6日、飯島勝矢教授がNHK「ためしてガッテン」に出演し、寝たきりを防ぐためには禁煙も運動も大事だが、「人とのつながりを作ること」が最も効果的だと解説しました。この日の […]

2018-05-31日立東大ラボ・コンテスト「あなたの大切な人と暮らすロボット」でGLAFS生3名が受賞!
日立東大ラボ・コンテスト「あなたの大切な人と暮らすロボット」でGLAFS生3名が受賞!

日立東大ラボ・コンテスト「あなたの大切な人と暮らすロボット」で GLAFS生3名が受賞! ビジョンを創生・発信し、そのビジョンの実現に向けた課題解決に取り組むという新しい形の産学連携を推進するため、2016年、東京大学と […]

2018-05-28村山洋史先生の著書『「つながり」と健康格差』がダビンチニュースで紹介されました
村山洋史先生の著書『「つながり」と健康格差』がダビンチニュースで紹介されました

村山洋史先生の著書『「つながり」と健康格差』が ダビンチニュースで紹介されました 村山洋史先生の書き下ろし『「つながり」と健康格差──なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか』(ポプラ社)の書評が、ダビンチニュース(KAD […]

2018-05-11IOG+台湾・国立中正大学のワークショップ「2018第一屆臺日高齡福祉與科技創新國際研討會」が「経済日報」(台湾)等に取り上げられました
IOG+台湾・国立中正大学のワークショップ「2018第一屆臺日高齡福祉與科技創新國際研討會」が「経済日報」(台湾)等に取り上げられました

IOG+台湾・国立中正大学のワークショップ「2018第一屆臺日高齡福祉與科技創新國際研討會」が「経済日報」(台湾)等に取り上げられました 台湾では高齢者人口が14%を突破し、現在大きな問題になりつつあります。台湾・国立中 […]

2018-05-09村山洋史先生の書き下ろし『「つながり」と健康格差──なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか』が発売されました
村山洋史先生の書き下ろし『「つながり」と健康格差──なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか』が発売されました

村山洋史先生の書き下ろし『「つながり」と健康格差── なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか』が発売されました GLAFSの特任講師・村山洋史先生が、人と人の「つながり」が体、脳、心にどういう影響を与えるのか。また、家族 […]

2018-05-02スウェーデン王国国王・王妃両陛下、高齢社会総合研究機構の取り組みを視察
スウェーデン王国国王・王妃両陛下、高齢社会総合研究機構の取り組みを視察

<スウェーデン王国国王・王妃両陛下、高齢社会総合研究機構の取り組みを視察> 4月25日(水)、国交150周年を記念して来日中のスウェーデン王国国王・カール16世グスタフ陛下と同王妃陛下、高円宮妃久子さまが鎌倉市今泉台を訪 […]

2018-04-13朝日新聞に秋山弘子先生のインタビューが掲載されました
朝日新聞に秋山弘子先生のインタビューが掲載されました

朝日新聞に秋山弘子先生のインタビューが掲載されました 4月13日、朝日新聞朝刊オピニオン欄に「『生涯現役』の意欲、活かせ」として、秋山先生のインタビューが掲載されました。 こちらからご覧いただけます。

2018-04-12「文藝春秋クリニック」に飯島勝矢教授のインタビューが掲載されました
「文藝春秋クリニック」に飯島勝矢教授のインタビューが掲載されました

「文藝春秋クリニック」に飯島勝矢教授のインタビューが掲載されました 4月24日発売のムック「文藝春秋クリニック」(特集:老けないカラダの新常識)で飯島教授がフレイル予防についてお話しています。タイトルは「『フレイル予防』 […]

2018-04-11読売新聞、中日新聞に福井県との共同研究が取り上げられました
読売新聞、中日新聞に福井県との共同研究が取り上げられました

読売新聞、中日新聞に福井県との共同研究が取り上げられました 福井県との、「ジェロントロジー(総合長寿学)研究:高齢者総合政策の推進に関する協定」に基づいて行われていた医療関係者対象の実態調査・中間報告会の様子が読売新聞( […]